Shonandai Gallery 〔六本木〕
Room C  加藤富也 展▼   Room D  吉田涼香 展

2018.6.23(Sat)~6.30(Sat)
Tomiya Kato
加藤富也 展
点描画2018 素粒子のように5 -色香-
会期中無休

Artist's statement
今回の個展のサブタイトルに「色香」という言葉を使ってみました。
点描を再開して5回目の個展となる本展を前に過去4回の個展作品を振り返ると、時に絵画としての妙味が薄らぐのが気になり、
「これは私の表現方法の抱える必然的な問題なのかもしれない。それでも自分の文法を守りながら、より豊かな表現にならないものか」
そう考えた時に色香という言葉が浮かびました。 その色香という言葉に導かれるように点描や色彩を工夫して進めていったのが今回の作品です。

私なりの小さなルネッサンスのつもりで描きました。
対象の発するエネルギー、あるいは素粒子の流れのようなものを自分なりに点描で描きたいと思うのは前回と同じです。
点描画は1990年代の中頃から始めました。自分の感じていた「世界」(存在が霧の塊のように感じられる体験があった)が、 アボリジニの作品をこの頃見たことで反応が促進して、自分の「点描画」が産まれました。 画面には具体的な形をイメージさせる形象がありますが、拡大すれば点の集合でしかありません。事物の再現ではなく、
モチーフである人や日常の事物、有象無象が発する静かではあるが普遍的な存在のエネルギー、浮遊する素粒子のイメージ等を描きたい、と考えています。 (加藤富也)

Profile